よく紫外線と一言で言いますが、3つの種類があります。 ・紫外線A波(UVA) ・紫外線B波(UVB) ・紫外線C波(UVC) これらの三つです。 まず、紫外線A波は体への悪影響が最も少ないと言われていますが、天気などに関係なく、一年中降り注いでいます。 私達が普段浴びている紫外線の約90%以上は、紫外線A波です。 紫外線A波は真皮まで届くため、シワやたるみの原因となってしまうでしょう。 紫外線B波は表皮にしか届きませんが、その有害性は紫外線A波の100〜1000倍強いと言われています。 皮膚がんや白内障の原因となるので、一番気をつけなければならない紫外線です。 太陽光を浴びて赤くなったり、痛くなったり、水ぶくれになったりという日焼けの症状は、この紫外線B波が原因とされています。 紫外線C波は最も危険で、がんの発症率が高くなるでしょう。 オゾン層で吸収されるため、地表までは届いていませんが、オゾン層の破壊が進んでいるため、標高の高い山などでは確認されているところもあります。 医療現場などでは人工的に紫外線C波を作り出し、殺菌灯として使用するほど強力です。